心臓2次検査 2次検診

 健康診断を受診されて、心電図検査などで要精査といわれた方は、かかりつけの内科があれば担当の医師に、かかりつけがない場合は当院などの循環器科にて検査をされてください。要観察といわれている場合などは、不整脈なども治療が必要なものと不必要なものがありますので、過度に心配されなくていいでしょう。ただし動悸、めまいなどがあるようでしたら、ご来院ください。

以下に指摘された例を記しますと、

■完全右脚ブロック ■ 左脚ブロック  ■徐脈 ■頻脈 ■PQ短縮 ■QT延長

■ST変化 ■左室肥大 ■虚血性変化 ■WPW症候群 ■心室内伝導障害

■ブルガダ症候群(Brugada)の疑い  ■房室ブロック(Ⅰ度,Ⅱ度,Ⅲ度)

などがあります。

その他 胸部レントゲンなどから心肥大が疑われることもあります。

 以上に限らず、まずはどんなことでも当院で精査可能です。もし、さらなる検査が必要な場合は、連携を取っております循環器病院を適切に選んでご紹介いたしますので、遠慮なく受診されてください。