インフルエンザ流行中です。

 ニュースでもありますように、現在インフルエンザは例年と比べましても大流行しております。当院では、12月はA型B型ともに検出されておりましたが、1月中旬からはB型がほとんどを占めるようになっております。

 B型の特長としてはA型と比べると、熱も38度位までに収まったり、比較的軽い症状で来院される方が多いです。そのため、家族や周りでインフルエンザの方がいた場合には、37度代の微熱や関節痛があった場合などには、自分で風邪と判断せずに、お近くの医療機関をかかるようにされてください。

・当院では、インフルエンザ迅速検査は富士フィルム社製の増幅機械を用いておりますが、熱(37.5度以上目安)があってからは最低でも4時間(お勧めは6時間)経過してからの検査をお勧めいたします。また、検査は偽陰性といって、陽性にならない場合も1-2割はあります。あくまでも検査は絶対ではなく、診察のツールの一つとして考えております。陰性だからといって、”絶対インフルエンザでない”、わけではないので、その点はご承知置きくださいませ。

 

2018年01月31日