院内紹介

病院(ホスピタル) のもともとの意味は、
中世ラテン語の ホスピターレ(HOSPITALE)です。
つまり ” ホテル ” と同一語源であることにもとづいて、
来院された患者さんがホテルのロビーにいるような、
こころの落ち着く感じを、目指しております。

院内ツアー

受付

受付 
明るい配色のセミオープンカウンターです。 スタッフが笑顔で皆さまをお迎えします。


待合室

待合室 
屋根を吹き抜けにしており、開放感のある待合です。 空気清浄機、冬には加湿器を使用しております。


診察室

診察室 足がつまづきにくいように、椅子の脚が平面状のものを使用しております。
電子カルテで診察までの待ち時間が短くなるようにしております。


キッズルーム

キッズスペース
絵本やおもちゃが置いてあります。 靴を脱いでお上がり下さい。

 

 

 

 

院内機器

 

 

レントゲン
レントゲン室画像を鮮明にするグリッド機能の ついたレントゲン装置です。
現像はデジタル処理にて行っております。

 

 

エコー  
フルデジタルエコーです。
院長は特にエコーが専門なので、心臓・頸動脈・腹部・甲状腺・下肢静脈 など を詳しく検査いたします。

 

胃カメラ(上部消化管内視鏡)
鼻から行う、径5.9mmの極細内視鏡です。
胃のみならず、食道、十二指腸も細かく調べることができます。
患者さん側にも、液晶モニターを設置し、 検査を受けながら画像を見ることができます。
もし、痛みがあったり、疑問がありましたら検査中でも、お伝えください。