ニュース一覧

日本脳炎ワクチンとおたふくワクチンのお知らせ

 

日本脳炎ワクチンですが、1社のワクチンの製造が一時停止した影響を受けて、ワクチンの供給量が大幅に減少しています。供給が安定するまでの間、4回接種のうち、1期の2回(1回目及び2回目)の接種を優先いただくようお願いします。また、2021年度の、1期追加(4歳)と2期(9歳)の接種は、2022年度に繰り下げて行うことができます。

おたふくかぜワクチンもメーカーからの出荷調整のため、確保困難となっております。
すでに予防接種の予約をしている方は受けて頂けますが、2021年8月以降に予約再開となりますことをご了承ください。また、このホームページで連絡する予定としております。

2021年04月16日

新型コロナワクチン接種についてのお知らせ


〇新型コロナワクチン接種についてのお知らせ

2/8現在、厚労省が発表しているものにつき転記いたします。

詳しくは、

 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00218.html

を参照ください。


接種が受けられる時期
 安全で有効なワクチンが承認され、供給できるようになった時には、医療従事者等への最初の接種が2月中旬から始められるよう準備を進めています。医療従事者等の後、高齢者、基礎疾患を有する方等の順に接種を進めていく見込みです。なお、高齢者への接種の開始は、早くても4月1日以降になる見込みです。

接種回数
 現在わが国が確保を見込んでいるワクチンについては、2回接種となる見込みです。
 
接種の対象や、受ける際の接種順位
 全国民分のワクチンの数量の確保を目指しています。大量のワクチンは、徐々に供給が行われることになりますので、一定の接種順位を決めて、接種を行っていきます。現時点では、次のような順でワクチンを受けていただく見込みです。
  (1)医療従事者等
  (2)高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
  (3)高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方 
  (4)それ以外の方

 なお、妊婦を優先するかどうかや、子どもが接種の対象となるかどうかなどは、安全性や有効性の情報などを見ながら検討されます。

接種が受けられる場所
 原則として、住民票所在地の市町村(住所地)の医療機関や接種会場で接種を受けていただきます。インターネットで、ワクチンを受けることができる医療機関や接種会場を探すための、接種総合案内サイトを設置する予定です。そのほか、市町村からの広報などをご確認ください。

 なお、次のような事情のある方は、住所地以外でワクチンを受けていただくことができる見込みです。具体的な手続きは、今後案内します。
  ・入院・入所中の住所地以外の医療機関や施設でワクチンを受ける方
  ・基礎疾患で治療中の医療機関でワクチンを受ける方
  ・お住まいが住所地と異なる方

 また、医療従事者等の方等の接種場所については、勤務先からお知らせする予定です。

 

 

2021年02月08日

抗体検査(新型コロナウイルス 自費)値段変更につき

 

・新型コロナウイルスに対するIgM/IgG抗体検査を実施しております。

抗体検査を行うことで、今現在ご自身が新型コロナウイルスに対する免疫を所有しているかどうかの目安となります。PCR検査とは違い、現在罹っているかどうかを調べる検査ではありません。少量の血液で検査でき、約20分くらいで結果が出ます。

*簡単にいいますと、おおむね2週間以前(決して現在や、ここ1週間の感染ではありません)に新型コロナウイルスにかかったことがあるかどうかの検査になります。



【対象となる方等】
1.右記 ・抗体検査の意義と注意事項 をご理解頂けた方(クリックでご覧ください)
2.現在、発熱や風邪症状のない方 
   (そのため、8月現在、感冒症状の方を診ている午後の17~18時は避けてください) 

※混合診療となり得るため、同日の処方やその他検査は、保険外診療(自費診療)となりますのでご注意ください。


【料金】 *キットが安くなりました。 ①か②のどちらかとなります。


①当日結果が判る検査 9,000円 → 7000円 に改定(税込) 指先で血液採取

②2日程度で判る検査(IgMとIgG抗体の総量を検査) 5000円  通常の採血



【予約方法】*お電話 で受付ております。

 

 

2020年08月07日

新型コロナウイルス対策としまして

 

新型コロナウィルス関連肺炎について

新型コロナウイルスによる肺炎患者が世界各地で発生していることを踏まえて、当院では感染予防として、以下の対策を行っております。

 

●感冒症状の方と、院内でも距離(ソーシャルディスタンス)を保てるように、 受付する時間を分けております。

また、受付窓口には、透明のシールドを設置しております。

●スタッフの勤務毎の体温測定。マスクを着用と手洗い励行(1時間に1回は行う)/手指除菌剤による消毒の徹底
●受診者の方々が使用される各室のドアノブ、待合用椅子、の消毒(アルコールまたは除菌用シート、エタノールや次亜塩素酸を含むタオルでのふき取り)を午前、午後帯の最後の時間、午後は感冒対応の午後6時前に1度追加で行っております。

 

その他

●『業務用オゾン除菌消臭器』マクセル製MXAP-AE400 を2台導入しております。  

用途特徴 *医療・介護施設、ホテルなど、広い空間の除菌・消臭を可能にした業務用オゾン除菌消臭器。オゾンの持つ強い酸化力で、ウイルスの外殻蛋白を分解し、不活性化、除去します。

 

 

 

 

 

 

2020年04月13日